我が青春の1ページ!

我が青春の1ページ!

 もうかれこれ半世紀も前になるだろうか。

 将来への夢と希望で胸がはち切れそうなほどに満ちみちていた、高校生時代のことである。

 当時、巷間に流れていた音楽といえば、当然のように歌謡曲や演歌が主流となっていた時代であった。

 しかもそれらが庶民の間に娯楽の一部として定着し大いに持て囃されていたのである。

 1960年代初頭のころからだろうか、日本人の海外音楽に対する意識にも少しづつ変化の兆候が見られ、やがて鎖国が解けたかのように舶来リズムが怒涛となって流れ込んできたのである。 

 海外のソロシンガーでは、英国の「クリフリチャード」米国の「エルビスプレスリー」、国内では「美空ひばり」コーラスは「ダークダックス」、雨後の竹の子のような勢いで突然始まったグループサウンズは「ザ・ビートルズ」「ザ・ベンチャーズ」、国内では「ザ・スパイダーズ」「ザ・タイガース」などなど、面目躍如の活躍が始まっていた。

 女性シンガーも沢山現れていた。有名なところでは反戦歌の女王だったフォークシンガーの「ジョーンバエズ」シャンソン界の「シャルルアズナブール」「シルヴィバルタン」カンツォーネでは「ボビーソロ」「ジリオラチンクェッティ」などなど、世界中が音楽で盛り上がり一見すると平和な時代でもあった。

 庶民の音楽熱の余波は音響機器メーカーにも影響を与え、技術発展に貢献していった。

 記録媒体は、当初雑誌などに付録で付いてきたソノシートから始まり、やがてシングルレコード盤、LP盤へと拡大し、再生機器のほうもレコードプレーヤーからコンポーネントステレオへと発展していった。

 録音機器も当初はリール式テープレコーダーが各社から発売されたのだが、人気が沸騰してきたため、どのメーカーでも予約待ちの状況が続いたのである。(カセット式テープレコーダーなどという機器は当時はまだ開発されていなかった)

 余談になるが、この時代において小生にも恋焦がれていた女性シンガーがいたのである。

 彼女の名は ”地中海の妖精”と謳われた、「ヴァシリキア・ヴィッキー・パカタナシュー」である。

 ギリシャで生まれ育った彼女は両親と共にドイツハンブルクに移住し、その地で第12回ユーロビジョン・ソング・コンテスト、で入賞しグローバルデビューを果たした。

 ポールモーリア管弦楽団の演奏でもお馴染みの 「恋はみずいろ」は彼女の大ヒット曲でもある。
 日本で発売された彼女のレコード盤は、LP・シングル盤ともに今でも大切に我が家で保管している。

 願わくば、懐かしいあの頃にもう一度戻りたいなあ~…!」というのが偽らざる心情である。

諺もじりに興じたら「弘法も木から落ち、猿も筆を誤った」!

 諺もじりに興じたら「弘法も木から落ち、猿も筆を誤った」!

   外国人の母国語はたいがい一種類の言語から成り立っており、日常のコミュニケーションなどもそれで十分用が足りているのだが、日本語の場合には摩訶不思議かな、「ひらがな」「カタカナ」「ローマ字」のほかに中国から伝来した「漢字」などの文字が賑やかに混在し母国語として成立しているのである。

 書面などに記述した場合「ひらがな・カタカナ」のみでも何ら問題なく意思疎通を図ることができるのだが、そこにさらに漢字が加わることによって意思疎通の密度が重厚になってくる。

 また「四字熟語」や「諺・格言」なるものが日本には古来から沢山存在しており、使い方・用い方によっては言葉のニュアンスが微妙に違ってくるから面白い。

 同じ意味合いで使われている「諺」の中に、人物の例えでいうと「弘法も筆の誤り」というのがあり、動物の例だと「猿も木から落ちる」というのがある。

 意味合いから言うとどちらも「その道に優れた者でさえも時には失敗することがある」という例えなのだが、この「猿も木から落ちる」という諺を年下や後輩に用いるならばともかく、うっかり上から目線の上司や先輩を前にして使ってしまったら大変なことになる。

 上司の性格にもよるだろうが、「不敬な輩!」「無礼千万な奴だ!」ということになり、場合によっては「降格人事」や「左遷」の憂き目にあってしまいかねないのだ。
 
  言葉には魔力があり、人の心を癒すことも、挫かせることもいともたやすく行ってしまう。「口は災いの元」と言われる所以でもあるが、言葉を発する際は良く吟味し公私違わず慎重でありたいものである。

 さて、硬くなってしまったので、ここらで気分を変えて駄洒落を一席披露。

 小生の若かりし頃に、「諺」をモジッテもて遊ぶやり方が一時的に流行ったことがあった。
 上記の場合でいくと、「弘法も筆の誤り」や「猿も木から落ちる」では面白くもなんともないので、「弘法も木から落ちる」「猿も筆の誤り」とするのである。

 すると、ぜんぜん違和感がなくピッタリと理に適っているように思えてくるから不思議なのだ。

 屁理屈で言ってしまうと、次のようになる。
 人間はもともと類人猿の時代から木登りが得意な動物でもあるし、猿の方はというと、「日光猿軍団」ではないが、調教次第では筆使いが上達することだって可能なのである。

 下手をするとその辺の連中よりは数倍も達筆になれる可能性を秘めているかもしれないのだ。

 世知辛い世の中! 時には「発想の転換」を試みることも必要だ。

 毎日、痛勤電車に揉まれ、会社では「積極果敢に業務に取り組む振り」をして机に向かっているだけでは面白くも何ともないではないか。ストレスが溜まる一方である。
 
 この世の中すべてはタイミングなのだ。諸兄もウィットに磨きをかけ、たまには職場仲間を愉快にさせてみては如何かな。

今なぜか「イチョウ葉エキス」なのだ!

  
 昔からよく「怒る人は早くボケる」と言われます。

 怒ることによって脳内に多量の活性酸素が発生し脳細胞がダメージを喰らうからでしょう。

 人間は脳を活動させるときに大量のエネルギーを消費しますが、その時に「酸素」も大量に消費し、その際「酸素の一部(2%程度)が脳内で活性酸素に変化」します。

 活性酸素は生命を傷つける(殺し屋)とも称されており、「病気」も「老化」も一重にこの危険因子のせいなのです。

 活性酸素の有力な発生源となっている頭脳を断面図で見ると一番外側周囲を覆っているのが新皮質「知性脳」、そしてその中側が2番目に位置する旧皮質「情動脳」といわれる「喜怒哀楽」の感情をつかさどっている部分とされています。

 「喜怒哀楽」のうち、「喜」と「楽」は免疫機能を増強させるホルモンの分泌があるというメリット付きで大変有難いのだが、問題は「怒」と「哀」である。

 常日頃から怒ったり、悲観ばかりしているような人間は脳内に活性酸素が多量に発生して、脳細胞をたっぷり傷つけているというわけである。

 繰り返しになるが、「老化」という現象は体の細胞が活性酸素にさらされ、酸化することが最大の要因と言われており、同様に鉄も酸化すると錆び、ついにはボロボロになってしまう。これなども化学的には老化現象(経年劣化)の典型なのである。

 人生を同じく生きるならば、「怒」と「哀」を極力避け、喜びや楽しみを沢山イメージして生活を盛り上げていくことが大切なのだが、修羅場の社会では中々難しい。

 そこで社会に一役買って出てくれたのが、「イチョウ葉エキス」のサプリメントなのです。

 イチョウ葉には活性酸素に対する「抗酸化作用」はもとより「活性酸素の消去」、脳細胞の死滅を最小限に抑えて「脳卒中予防」に最大限貢献する有効成分が盛りだくさん含有されているのです。

 青い葉には色素成分「フラボノイド」や、精油成分「ギンコライド」「ビロバライド」など芳香漂う有益な成分が多々含まれており、それぞれ「中枢神経」を整え、「脳内情報伝達機能」を高め、「毛細血管拡張」作用による血栓予防などにも貢献してくれているのである。

 ならば使わない手はないのだ。巷を探せば当該サプリはわんさか出てくるではないか。(と言ってもどれでも良いわけではなく、真贋の見極めが大事…)

 もし長生きしたければ「脳細胞活性化」は必須条件である。
 
 ウォーキングの実践ばかりではなく、傍らに「イチョウ葉エキス」を備えおき「80、90は当たり前」と豪語できる人生を送ろうではないか。

 参考書: 脳 細 胞 は 甦 る… 三 石 巌
    :イチョウ葉エキス… 矢沢一良

「食品添加物」について!

「食品添加物」について!
 齢を重ねるごとに気になってくるのが健康問題なのだが、ここにきて最近俄かに気になりだしたのが、「食品添加物」の問題である。
 今更始まったことではないが、なにぶんにも毎日、口にするものだけに気になり出したらもう止まらないのである。

 好奇心も手伝って、早速書店で関連書籍をあさり二冊ほど探し出して買ってきたのだが、イヤハヤ、有るわあるわ…!!
 日本で認可されている添加物のその数なんと390種類を超えているのである。

 調味料・酸味料・膨張剤・増粘多糖類・酸化防止剤・甘味料・発色剤・合成保存料・合成着色料などなど…、並べだしたら切りがないくらいの種類があるのだ。

 これらの添加物は我々が毎日まいにち口にする食料品に添加されているものばかりなのだ。
 もちろん厚生労働省が健康上問題ないとして認可しているものばかりなのだが、成分中には長年の摂取で「発がん性」が疑われているものも少なからずあるのだ。

  一例であるが、漬物の「沢庵」、色鮮やかな黄色っぽさを出すために合成着色料の「黄色4号」が使われている。しかしこの成分が研究者のあいだでは「発がん性」が指摘されているのである。

 もう一つ、砂糖の200倍以上甘いとされる人工甘味料の「アスパルテーム」別名「パルスイート」「ニュートラスイート」などの名称で、「カロリー0」の文言で「ダイエット食品」に良く使われているのであるが、これなどはアメリカの学者が「マウスを用いて実験」した結果では、「脳腫瘍・脳細胞破壊」の現象がみられたことが医学誌に発表されているのである。

 通常それらの添加物は、体内に入ると「肝臓」で解毒・分解して体外へ排出(デトックス作用)されるのであるが、酵素の種類によっては、一旦体内に入ると分解されずに肝臓や膵臓などの臓器に留まり、そのまま蓄え続けられていくものもあるのだ。

 しかし中には自然植物や自然食品の中から食品添加物としてうまく食材に活用されている例もある。
例えば甘味料に用いられる「ステビア」「カンゾウ」、着色料として使われている「くちなし」「カロチン」「紅麹色素」などなど…、人体に無害なものもあるのだ。

 もちろんそれらが無害であるからとか、厚労省が認可しているから安全・安心などという保証はどこにも無いのである。

 平成12年1月の厚生省が調査した結果によると体重10kgの幼児が一日に摂取している食品添加物の平均量は12630mgで1年間で4609950mg(4.6kg)でなんと体重の半分の量の添加物を食べているのです。
ならば成人男子はというと……、 推して知るべしなのである。

 これらの添加物、「塵も積もれば山となる」の例えどおり、仮に一人が1日3g摂取したとして1年間で1kg以上も食べていることになるのだ。(食品添加物は食べ物ではないし、できれば使わないのが良いのだが…)

 われわれ店頭で食料品を手に取って真っ先に目にするところは、「賞味期限・消費期限の表示欄」なのだが、それだけではいけないのだ!

 「食料品」は我々が毎日口にしなければならないものであるからして、安全性が確認されていてもいなくても、短期間ではなく長いスパンで考えることと、加えてスーパーやコンビニの加工食品を購入する際には、容器包装に表示されている「食品添加物の欄」に必ず目をとおし、人体・健康にどのような影響を与えるかを考えながら買うという習慣を常日頃から持っておくことが大切である。
 

予防医学のための「費用対効果」!


   科学や医学の発展と相まって、日本人の平均寿命が戦後から飛躍的に延びた結果、とうとう「高齢化社会」という時代が到来してしまった。

 健康志向の高まりで巷間には多種多様な健康食品が氾濫し、体力や筋力の維持増進を謳った健康器具やスポーツ施設などが賑わいをみせている。

 美容・健康のための実践方法はまさに「十人十色」、老若男女を問わずベストマッチを期待してのぞんでいるのであろう。

 ブームに乗じて関係業界は商品拡販を狙ってあの手この手を駆使してくる。

 「雨後の竹の子」のように類似品も沢山出回ってくると、自分なりの基準というか、「コンセプト」をしっかりと確立しておかないと、商品選びの際にどれが偽物か本物かの区別すらつけられず、いよいよ訳が分からなくなってしまう。

 結局最後はどの商品も「似たようなもの」との邪推から、値の張らないそれなりの物で妥協してしまうということになりかねない。

 けして安い物が悪く、高い物が良いということではないのだが、病気を予防し、健康を買い取るために我々はみなこぞって、「虎の子」をはたいて先行投資をしているのである。

  安い費用で高い効果を生み出せるのが一番理想的方法なのだが、世の中そうは問屋が卸さないのである。

 「費用対効果」を期待して先行投資をするのは良いが、それに見合うだけの効果が期待できなければ騙されたということになる。

 加齢とともに年金生活のウエイトが高くなってくるのも事実だけに、高い費用をかけた分だけ、確実に高い効果を生み出してもらわなければ困るのだ。

 真贋を見抜く眼力だけは常日頃から磨いておこうではないか。

 「少子高齢化社会」にあって、周囲に迷惑をかけずに健康な日々を送ることは高齢者の務めであり、責務でもあるのだ。
プロフィール

jacjon

Author:jacjon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

およよと驚く毎日
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク