FC2ブログ

緑茶の効果!



緑茶




 ただいま新型コロナウィルスが世界中に蔓延し、人々は「コロナ・コロナ」でもがき苦しんでいる最中にあります。

 そして政府は訳のわからない筋の通らない施策を実行中。

 だから、右を向いても、左を見ても、どこを向いてもコロナウィルス蔓延中!何から何まで真っ暗闇、これでは「若者たちに夢や希望を語れ」と言っても語れる訳がありません。

 しかし、このまま手をこまねいていてはならないのです。

 老いも若きも積極的に自己防衛しなければウィルスと戦っても簡単にノックアウトされてしまいます。

 しかも自己防衛をやるからには積極的にやらなければダメなのです。

 外出中のマスク着用は当たり前として、帰宅後のうがい・手洗い、アルコール消毒などなど、日々の励行が大切…。「あっ、忘れた!」ということがあってはいけないのである。

 今やっておくべき一番重要なことは「体の免疫力を少しでも高めておく」ということなのだ。

 コロナウィルスが体内に侵入し感染・発症した場合、内蔵や血管の細胞がズタズタにやられてしまうそうです。

 侵入してきたウィルスに対し、なぜか免疫細胞が過剰反応を起こし暴走してしまうのが一因らしいのです。

 それゆえ回復したとしても予後が非常に悪いと言われている。

 新型コロナウィルスに対抗できる有効手段については、マスコミが日々取り上げているのだが決定打となるものはなく、やらないよりはマシという程度のものと認識している。

 しかし先般、これは特にコロナウィルスに有効ではなかろうか! というものがテレビで解説されていたので、以下に簡単に報告しておきます。

 それは「日本茶(緑茶)」なのです。特にお手頃な「煎茶」が良い。

 緑茶には色々な成分が含まれていて、タンニン・サポニン・カテキン・カフェイン・ビタミンCなどなど…、あるのですが、特に緑茶の「カテキン」とうい成分がウィルスに対抗する大変重要な物質となっているそうだ。

 緑茶に含有されている何種類かのカテキンのうちでも、最も重要な成分が「エピガロカテキンガレート」という長い名前を持つ成分なのだ。

 体内に侵入した「新型コロナウィルス」に真向から対抗して「やっつける」ということである。何とも頼もしい成分ではないだろうか。

 小生も緑茶大好き人間なので、やや濃いめに入れたお茶を習慣的に朝夕一杯ずつ嗜んでいる。

 緑茶習慣は日本人の特権であり、既に飲んでおられる方はもとより、習慣のない方々にも是非この機会にお勧めいたしたい。

 他にコロナウィルスに有効な手段として医学界で言われているのがビタミン類の摂取である。

 特に「ビタミンD」の摂取は新型コロナウィルス感染症に対して効果があると言われていますが、まだ有効かどうかの確認はされていないらしいのです。

 ただ、欧州20か国の報告よると、ビタミンD値の国民摂取量が大きいほど新型コロナウィルス感染症(Covid-19)に対する罹患率・死亡率が低いとの調査結果がでているとのことである。

 しかしビタミン類の摂取はウィルスばかりではなく、多方面にいろいろな役割を果たしていますから、毎日規則正しくバランス良く摂取したほうが絶対に良いのです。

 蛇足になりますが、免疫賦活の最強手段は何といっても「春うこん(100%)」ではないでしょうか。

 病気の種類や症状によって、一日の「うこん摂取量」が微妙に違ってくるのには、いまいち神経を使いますが…。

 小生も長年続けておりますが、風邪はもちろんのこと、これといった病状には未だお目に掛かっておりません。

 しかし粉末は大変苦いので、苦手な人には苦手でしょう。(顆粒もありますが…、)
 「良薬口に苦し!」と昔から言われていますので…。

 当方は価格も手ごろな粉末を定期的に購入し、オブラートに包んで毎日飲用しております。

 手前勝手なご紹介をさせて頂きましたが、「健康長寿」に格別な興味をもたれる皆様、ご奇特な諸兄様におかれましては是非ともお試し下さい。


 

「イチョウ葉エキス」と「DHA」の相乗効果!

icyoha_20190617174311bd4.jpg



「サプリメント摂取」は現代では健康志向の人たちにとって、欠かすことのできない必要条件になっているようである。
 
 手前味噌になるが、その根拠の一端を「活性酸素」の例から披露しておこうと思う。

 今はどうかわからないが、「怒る人は早くボケる」と昔の人々は良く言ったものだが、その原因となるのが怒ることによって脳内に多量の活性酸素が発生し、脳細胞に大きなダメージをもたらすからだそうだ。

 人間は脳を活動させるときに大量のエネルギーを消費し、その時「酸素」も大量に消費して、その際「酸素の一部(2%程度)が脳内で活性酸素に変化」すると言われている。

 活性酸素は生命を傷つける(殺し屋)とも称されており、「病気」も「老化」も一重にこの危険因子の影響が大きいのである。

 頭蓋骨を断面図で見たとしよう。すると一番外側周囲を覆っている頭脳が新皮質の「知性脳」と呼ばれる部分、そしてその中側が2番目に位置する旧皮質「情動脳」といわれる「喜怒哀楽」の感情をつかさどっている部分に分類されるのである。

 その情動脳の「喜怒哀楽」の部分のうち、「喜」と「楽」は免疫機能を増強させるホルモンを分泌するといわれているので大変有難いのだが、問題は「怒」と「哀」の感情をつかさどっている部分にある。

 常日頃から「怒ったり、悲観ばかり」しているような人間においては、「怒」と「哀」の感情が大動員され脳内に活性酸素を多量に発生させて、脳細胞をたっぷり傷つけているというわけである。

 「酸化現象」は有機物だけでなく無機物においても同様であり、長年にわたり大気に晒されつづけた鉄などは最後にはボロボロに錆びて朽ち果ててしまうのである。

 つまり「老化」現象の一端は活性酸素にさらされた細胞が酸化することから始まるのであり、そのさい我々が積極的に防御策を講じなければ引いては「認知症」へと波及していくことになるのだ。

 「怒」と「哀」の感情を極力避け、喜びや楽しみを沢山味わえる生活を築くことが大切なのだが、浮世の世界ではそれも儘ならない。

 しかし諦める必要はないのだ。我々の前に「イチョウ葉エキス」という救世主が登場してくれたのである。

 簡単な能書きを記すと、イチョウ葉には活性酸素に対する「抗酸化作用」はもとより「活性酸素の消去」、脳細胞の死滅を最小限に抑えて「脳卒中予防」に最大限貢献する有効成分が盛りだくさん含有されているとの研究成果が欧州の医学界で発表されているのだ。

 1970年代において既にヨーロッパでは実用に供されていてドイツやフランスでは大きな成果・実績をあげていたのである。

 イチョウの青い葉には色素成分「フラボノイド」や、精油成分「ギンコライド」「ビロバライド」など芳香漂う有益な成分が多々含まれており、それぞれ「中枢神経」を整え、「脳内情報伝達機能」を高め、「毛細血管拡張」作用による「血栓の予防」などにも貢献してくれているのである。

 そう言えば、イチョウの木の樹齢ってとてつもなく長い気がしたのだが、(数千年…?)、成分の何かが関係しているのだろうか…、?

 一方、青魚に主として含まれている、DHA(ドコサヘキサエン酸)にもイチョウ葉エキスと同様の効果が期待できる成分がある。
 
 DHAには「動脈硬化の抑制」や「赤血球を柔らかくする」働きがあり、単独で摂るよりもイチョウ葉エキスと一緒に摂ることで2~3倍の相乗効果が期待できるのだ。

 ならば我々も使わない手はない。巷を探せば当該サプリはわんさか出てくるではないか。(と言ってもどれでも良いわけではなく、真贋を見極めることが大事…)

 もしパワフルに長生きしたければ「脳細胞活性化」に欠かせない有効成分が盛沢山の「イチョウ葉エキス」と「DHA」を毎日摂取するよう心掛けたい。
 
 足腰鍛錬のために「ウォーキング」を日課に加えても良し。しかしそれと同時に、傍らに脳の活性化を促す強力な助っ人「イチョウ葉エキス」と「DHA」を備え置き、「90、100歳は当たりまえ~」と豪語できる人生を送ってみようではないか。
 



参考書 : 脳 細 胞 は 甦 る… 三 石 巌
    :イチョウ葉エキス… 矢沢一良

「活性酸素」をやっつけろ!

sirotaiyo.jpg

間もなく秋も終わり、冬の季節が到来しようというのに…、何だこの異様な暑さは! 
空を見上げると赤くない白熱の太陽がギンギラ銀に輝いているではないか。
昔の「真っ赤な太陽」はどこにいったのだろうか?

昨今の環境からして、太陽に長時間素肌を晒しつづけ皮膚を焼くなどということは細胞に大変なダメージを与えてしまい、ましてや「こんがりきつね色」などという自慢げな表現など洒落にもならないのだ。

紫外線のシャワーをじゃぶじゃぶ全身に浴びて、わざわざ体細胞を死滅させていることに等しいのである。

地上にある「鉄筋」を想像してみたことがあるだろうか。長い期間大気に晒された結果、やがては表面から腐食が始まり最後は中身までボロボロになって朽ち果ててしまうのだ。

同様のことが毎日体内でも起きているのですよ。なぜなら体内でも活性酸素が発生しており、発生した場所にある細胞がどんどん死滅していくのです。

細胞をダメージから守る対策は色々あるだろうが、一例として小生が実施している「サプリメント摂取」を述べてみたいと思う。

まず第一番目は、朝・昼・晩と3回に分けて「ビタミンC(水溶性)」の摂取。

二番目はビタミンCの摂取と同時に「ビタミンE」も同じく摂取。
ビタミンE(脂溶性)の場合は化学合成品では効力がなく、天然品のDアルファトコフェロールの摂取が必須。

三番目は「グルタチオン」の摂取。体内に発生する強力な活性酸素を防護するとともに「デトックス効果」(毒物の体外排出)も期待できるのである。

これら全てを摂取するのは体内での有酸素運動の際に必ず発生する「活性酸素」 を退治するためのものである。

とくに肝臓内に大量発生する「活性酸素」こそが我々の細胞にダメージを与え、生命を脅かす元凶なのであるが、これをやっつけてくれる掃除屋(スカベンジャー)の役割を担っているのが上記の「ビタミン群」なのだ。

「活性酸素元凶説」を主張していた分子栄養学を専門とする「三石巌」という物理学者の言説によれば、高年齢層の予防医学はひとえに「活性酸素対策」にあると明言してはばからなかったのである。

人体に取り込まれたもろもろの有害な「食品添加物」は肝臓で解毒・分解されて体外に排泄されるのであるが、その働きの際に肝臓内に「活性酸素が大量に発生」すると主張しているのである。

著者は我々に対し毎日大量のビタミン(EとC)を摂取するよう促しており、老化を少しでも遅らせるために1日の摂取量をビタミンC1200mg・ビタミンE1200IU(国際単位)(800mg)を上限に摂るようにと進言しているのである。

但し、ビタミンCの場合は天然型でも合成品でも効果は同じだが、ビタミンEに関しては合成品では全く効果がないため、天然型(ナチュラル)Dアルファトコフェロール成分に限定されるとの結果が出されている。

さらに注意しなければならないことがある。

体内に発生する「活性酸素」の量に対抗できる分量のサプリメントが必要となるのだ。

「多勢に無勢」とならないように、常に多めのサプリ摂取を心掛けておいた方が良いことは言うまでもない。

そうしなければ、体内の活性酸素に負けてしまい、元の木阿弥になってしまうからだ。

薬事法の規制により国内では食品の範疇に区分されているサプリメントだが、欧米での摂取は盛んで「ニュートラシューティカル」(準医薬品的)として位置づけられているのも頷ける。

老後に至り、蓄えが沢山出来たとしても、「頭が冴えなかったり、体力が弱々しかったり」では悠々自適の人生は送れないのである。

老化が関係していると言われる「人間の遺伝子に組み込まれたプログラム変更」は現代医学では不可能であるが、リタイア後の人生はせめて「サプリメント」の有効活用で少しでも細胞を若々しく保ち、充実した人生を全うしようではないか。

参考文献:脳細胞は甦る(三石 巌)

「食品添加物」が満載だ!

「食品添加物」が満載だ!

地球上の此処かしこで極端な異常現象や異常気象が続いている昨今だが、ここ日本でも例外ではないようだ。

いやはや暑いあつい! 夏だから当たり前に暑いのであるが、ここ数日の気温上昇を見ると「暑い」というより「熱い」と表現した方が適当かも知れない。

地球環境が常軌を逸して、いよいよ過激になってきたような気がするのだが…、

さて、話は変わって食事の話題になるが、小生の食事は毎日至ってシンプルなのだ。朝食メニューと言ってはおこがましいが、「即席カップラーメン」が定番なのである。

お湯を注いで3分間待ってそのまま食べてもいいのだが、少々工夫をしている。

カップ麺に自家製の調味料や具を適当に混入しアレンジして食べている。しかしこれがまた中々に旨いのだ。

「ジャンクフード」の感がしないでもないが、美味しければそれで良いではないかと最初のうちはそう思っていたのである。

しかしある時、ふとカップの外面に印刷してある表記に目がいった。

カップの上蓋や側面に「栄養成分表」と隣接して「原材料名(食品名)」を表示しなければならない記載欄がある。
ただこの欄には重要な決まり事があって、最初に記載する食品名は原材料(にしめる重量の割合)の多い物から順に記載しなければならないことになっている。

「即席めん」の場合は「最初は油揚げめんからスタートし、最後にくるのはたいがい「加工でんぷん」が多い。

原材料の羅列が終わると続いて「食品添加物(調味料からスタート)」が順番に記載されることになっているのだが、さて、ここをじっくり観察していて、またまた小生ふと気がついたのである。

これって人体に有害な添加物ではないのかなぁ~、って疑問に思い、調べてみたら案の定「ブラック」だったのだ。
その添加物が何かって!

それは【カラメル色素(他の着色料より色ムラなくきれいに着色させることができる。が、しかし(四-メチルイミダゾール)という発がん性物質を含有しており…微量でも遺伝子に作用し障害が発生し癌化】という添加物なのだ。

これを毎日とり続けていたら後々大変なことになるのではないかということに気付いたのだ。

何が言いたいかと言うと、小生が毎朝食べ続けているカップ麺を仮に1年間続けたとしたら、合計365個を食べたことになり、その商品に含有されている発がん性濃厚な【カラメル色素】をそれだけ多く体内に蓄積することになるのだ。

因みに平成12年1月に厚生省(現厚労省)が調査した(マーケットバスケット方式による年齢層別食品添加物の一日摂取量の調査)結果によると体重10kgの幼児が一日に摂取している食品添加物の平均量は12630mg(12.63g)と発表されている。1年間で4609950mg(4.6kg)を摂取。

なんと幼児の体重の約半分の量の添加物を食べている計算になるのだ。ならば成人男子はというと……、 推して知るべしであろう。

仮に一人が1日10g摂取したとして1年間で3.6kg以上も食べていることになる。(食品添加物は食べ物ではないし、できれば使われないのが良いのだが…)人体に有害な食品添加物は上記したものばかりではない。他にもまだ「ワンサカ」あるのだ。

我々が店内で生鮮食品や加工食品を購入する際、手に取って真っ先に着目する点は、「賞味期限・消費期限」が表示されている箇所ではないだろうか。

期限が短くないか、迫っていないかと…、その確認は確かに大事なことではあるが、しかしそれで終わってはいけないのである。

スーパーやコンビニの加工食品を購入する際には、容器包装に表示されている「食品添加物」の欄(原材料名/のあとにつづく後半部分に表記)」にも必ず目をとおすことである。

列記されている食品添加物の摂取が、今後「人体・健康にどのような影響をもたらすのか」など、思料した買い物の仕方を身に着けておいても損はしないのだ。

今なぜか「イチョウ葉エキス」なのだ!

  
 昔からよく「怒る人は早くボケる」と言われます。

 怒ることによって脳内に多量の活性酸素が発生し脳細胞がダメージを喰らうからでしょう。

 人間は脳を活動させるときに大量のエネルギーを消費しますが、その時に「酸素」も大量に消費し、その際「酸素の一部(2%程度)が脳内で活性酸素に変化」します。

 活性酸素は生命を傷つける(殺し屋)とも称されており、「病気」も「老化」も一重にこの危険因子のせいなのです。

 活性酸素の有力な発生源となっている頭脳を断面図で見ると一番外側周囲を覆っているのが新皮質「知性脳」、そしてその中側が2番目に位置する旧皮質「情動脳」といわれる「喜怒哀楽」の感情をつかさどっている部分とされています。

 「喜怒哀楽」のうち、「喜」と「楽」は免疫機能を増強させるホルモンの分泌があるというメリット付きで大変有難いのだが、問題は「怒」と「哀」である。

 常日頃から怒ったり、悲観ばかりしているような人間は脳内に活性酸素が多量に発生して、脳細胞をたっぷり傷つけているというわけである。

 繰り返しになるが、「老化」という現象は体の細胞が活性酸素にさらされ、酸化することが最大の要因と言われており、同様に鉄も酸化すると錆び、ついにはボロボロになってしまう。これなども化学的には老化現象(経年劣化)の典型なのである。

 人生を同じく生きるならば、「怒」と「哀」を極力避け、喜びや楽しみを沢山イメージして生活を盛り上げていくことが大切なのだが、修羅場の社会では中々難しい。

 そこで社会に一役買って出てくれたのが、「イチョウ葉エキス」のサプリメントなのです。

 イチョウ葉には活性酸素に対する「抗酸化作用」はもとより「活性酸素の消去」、脳細胞の死滅を最小限に抑えて「脳卒中予防」に最大限貢献する有効成分が盛りだくさん含有されているのです。

 青い葉には色素成分「フラボノイド」や、精油成分「ギンコライド」「ビロバライド」など芳香漂う有益な成分が多々含まれており、それぞれ「中枢神経」を整え、「脳内情報伝達機能」を高め、「毛細血管拡張」作用による血栓予防などにも貢献してくれているのである。

 ならば使わない手はないのだ。巷を探せば当該サプリはわんさか出てくるではないか。(と言ってもどれでも良いわけではなく、真贋の見極めが大事…)

 もし長生きしたければ「脳細胞活性化」は必須条件である。
 
 ウォーキングの実践ばかりではなく、傍らに「イチョウ葉エキス」を備えおき「80、90は当たり前」と豪語できる人生を送ろうではないか。

 参考書: 脳 細 胞 は 甦 る… 三 石 巌
    :イチョウ葉エキス… 矢沢一良
プロフィール

jacjon

Author:jacjon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

およよと驚く毎日
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
リンク