FC2ブログ

「今夜は無礼講で」!

bureikou.jpg

早いもので今年も残すところあと半月となってしまった。

巷間では忘年会もそろそろ終盤に入り、酒の席で失態を演じ悔やんだ御仁も中にはいたのではないだろうか。

失態で思い出したことがある。ある年の秋の社員旅行の際の出来事である。

大手企業の子会社でもあり、社員数もかなりいたのだが、福利厚生の一環として会社側が毎年旅行を企画していたのである。
その企画に毎年200名近くの社員が応募し参加していた。

今年度選出された旅行幹事数名が、計画を練り観光地を決めていた。

出発当日は早朝から会社前に集合し、観光バス数台に分乗して風光明媚な東北地方のとある温泉地に向かったのである。

途中休憩をはさみながら、日も暮れかかる夕方近くにやっと目的地のホテルに到着した。

それぞれが思い思いに各部屋で支度を整え、晩さん会に臨む準備をして過行く時を楽しんでいた。

部屋割りは当然のごとく、会社役員はそれぞれに個室があてがわれ、我々一般社員はいくつかの部屋に数人づつ分かれて宿泊するすべになっていたのである。

全体で行う集合晩さん会も終え、その後、場所を変えて酒好きの連中たちによる「懇親会」らしきものが始まった。

部屋のテーブルの上には酒・ビール・ウィスキー・おつまみなどが華やかに並べられていた。

ひとしきりして、その大部屋に社長がやってきた。

旅行の際に恒例となっている講話が始まったのである。

会社の現状や今後の展望などを簡単に述べ、社員の労をねぎらったあと、「さあ皆さん、今夜は無礼講で賑やかにやって下さい。」とのたまったのである。

それに呼応して社員も思いおもいに酒を酌み交わし和やかなひと時を楽しんでいた。
社長もしばらくその場で仲間に加わり和気あいあいの時が流れていったのである。

酔いも回り始め酒席も佳境に差し掛かったころ、ある一人の社員が、何を思ったのか、いきなり社長の頭を掌で思い切りはたいたのだ。
社長の周りに陣取っていた役員の一人が、「何をするんだね、君は…、」と、

周りで見ていた社員はただ唖然とするばかり。

当然のように社長は怒ったのだが、その社員が曰くには、「今夜は無礼講で!」と言ったではないですかと。

一瞬で場は白けてしまった。

周りの執り成しで取り合えず社長の怒りも収まったのだが、翌朝、社長の機嫌がどうにもすぐれないのである。

2日目の観光バスの中でも社員のヒソヒソ話が続き、景勝地の観光どころではなく、昨夜のその話で持ち切りになってしまった。

後日談になるが、素朴で実直な若手社員が旅行中にやってしまった社長への行いが100%人事考課に反映されてしまったのである。

プロパー社員一期生であった彼は勤続年数も永く、持前の技術も優秀で周囲から認められた存在だったのだが、昇進が完全にストップし出世の道が絶たれてしまったのを今でも覚えている。

同期入社した他の社員との比較は言うに及ばず、後輩社員にまでも追い抜かれてしまったのだ。

 「親しき中にも礼儀あり」 と言うではないか。いかに「身分に構わず、礼儀なしの宴会」だといえども、浮世の社会はそれを許さないのである。

今日でもれっきとして身分階級が存在しており、無礼講と言えどもそれは礼講を意味する言葉なのである。
プロフィール

jacjon

Author:jacjon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

およよと驚く毎日
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
リンク