FC2ブログ

「弘法も木から落ちる」!?



 師走に入ったかと思ったらもう年の瀬である。

 時の経過のなんと早いことか。「光陰矢の如し」の感がぴったりくる今日この頃ではないか。

 ところで話は変わるが、日本には古来から「四字熟語」や「諺・格言」なるものがあるのだが、使い方によってはニュアンスが微妙に違ってくることがあり、これが大変面白いのだ。

 日本語には同じ意味合いで使われている諺が沢山あり、例えば、「弘法も筆の誤り」と「猿も木から落ちる」というのがある。 

 これは「優れた人物でも時には失敗する」という例えなのだが、仮にこの「猿も木から落ちる」という諺を会社で使ったとしよう。

 部下や年下に用いるならばともかく、うっかり会社の上司や先輩を前にして使ってしまったらどうなるだろうか。大変厄介なことになる。

 上司の性格にもよるだろうが、「不敬な輩!」「無礼千万な奴!」ということになり、場合によっては「降格人事」や「左遷」の憂き目にあってしまいかねないのだ。

 駄洒落のつもりが一転して、取り返しのつかない悲惨な結末に終わってしまうケースも考えられる。

 諺に限らず、「日本語の使い方・用い方」は上下関係、或いは公私に違わず細心の注意が必要なのである。

 少々硬い話になってしまったが、気分を変えてみよう。

 小生若かりし頃には、生徒達の間で「諺」をモジッテ遊ぶことが流行になっていた。

 国語の授業が全然つまらなかったので面白くしようと、ある生徒が時間中に突然周囲の仲間に切り出したのだ。

 「弘法も筆の誤り」や「猿も木から落ちる」では面白くもなんともないから、「弘法も木から落ちる」「猿も筆の誤り」でいこうぜと…。
 すると、ぜんぜん違和感なく理に適っているように思えてきたから不思議である。 

 諺の掛け合わせを擁護する訳ではないが、屁理屈を強引に通すと次のような意味合いになる。

 人間はもともと類人猿の時代から木登りが得意な動物でもあるし、猿の方はというと、昔の「日光猿軍団」ではないが、調教次第では筆使いが上達することだって可能なのである。

 下手をするとその辺の連中よりは数倍も達筆になれる可能性を秘めているかもしれないのだ、…と。

 毎日痛勤電車に揉まれ、会社では上司の顔色を伺いながら、「積極果敢に業務に取り組む」振りをする繰り返しでは面白くも何ともないではないか。

 ストレスが溜まりつづけ、肉体の老化を一層加速させていくことになる。

 「脳細胞を活性化」する上でも、定期的に「発想の転換」を取り入れることが大切なのだ。

 諸兄も、脳細胞活性化の一助として「ウィットに富む会話」を構築して、周囲を和ませてみては如何だろうか。

諺もじりに興じたら「弘法も木から落ち、猿も筆を誤った」!

 諺もじりに興じたら「弘法も木から落ち、猿も筆を誤った」!

   外国人の母国語はたいがい一種類の言語から成り立っており、日常のコミュニケーションなどもそれで十分用が足りているのだが、日本語の場合には摩訶不思議かな、「ひらがな」「カタカナ」「ローマ字」のほかに中国から伝来した「漢字」などの文字が賑やかに混在し母国語として成立しているのである。

 書面などに記述した場合「ひらがな・カタカナ」のみでも何ら問題なく意思疎通を図ることができるのだが、そこにさらに漢字が加わることによって意思疎通の密度が重厚になってくる。

 また「四字熟語」や「諺・格言」なるものが日本には古来から沢山存在しており、使い方・用い方によっては言葉のニュアンスが微妙に違ってくるから面白い。

 同じ意味合いで使われている「諺」の中に、人物の例えでいうと「弘法も筆の誤り」というのがあり、動物の例だと「猿も木から落ちる」というのがある。

 意味合いから言うとどちらも「その道に優れた者でさえも時には失敗することがある」という例えなのだが、この「猿も木から落ちる」という諺を年下や後輩に用いるならばともかく、うっかり上から目線の上司や先輩を前にして使ってしまったら大変なことになる。

 上司の性格にもよるだろうが、「不敬な輩!」「無礼千万な奴だ!」ということになり、場合によっては「降格人事」や「左遷」の憂き目にあってしまいかねないのだ。
 
  言葉には魔力があり、人の心を癒すことも、挫かせることもいともたやすく行ってしまう。「口は災いの元」と言われる所以でもあるが、言葉を発する際は良く吟味し公私違わず慎重でありたいものである。

 さて、硬くなってしまったので、ここらで気分を変えて駄洒落を一席披露。

 小生の若かりし頃に、「諺」をモジッテもて遊ぶやり方が一時的に流行ったことがあった。
 上記の場合でいくと、「弘法も筆の誤り」や「猿も木から落ちる」では面白くもなんともないので、「弘法も木から落ちる」「猿も筆の誤り」とするのである。

 すると、ぜんぜん違和感がなくピッタリと理に適っているように思えてくるから不思議なのだ。

 屁理屈で言ってしまうと、次のようになる。
 人間はもともと類人猿の時代から木登りが得意な動物でもあるし、猿の方はというと、「日光猿軍団」ではないが、調教次第では筆使いが上達することだって可能なのである。

 下手をするとその辺の連中よりは数倍も達筆になれる可能性を秘めているかもしれないのだ。

 世知辛い世の中! 時には「発想の転換」を試みることも必要だ。

 毎日、痛勤電車に揉まれ、会社では「積極果敢に業務に取り組む振り」をして机に向かっているだけでは面白くも何ともないではないか。ストレスが溜まる一方である。
 
 この世の中すべてはタイミングなのだ。諸兄もウィットに磨きをかけ、たまには職場仲間を愉快にさせてみては如何かな。

「為せば成る、成らぬは…、」やろうとしないからだ!

「為せば成る、成らぬは…、」やろうとしないからだ!

 現代では凄くポピュラーな「諺」なのだが、なぜか出典がわからない人が非常に多いことわざがこれである。
 「為せば成る、為さねば成らぬ何事も…」(ナセルはアラブの大統領なり、などとその昔は語呂あわせでよく遊んだ)
 
 第九代米沢藩主、「上杉鷹山」の名言である。

 日本ではそれほど知名的な人物ではないのであるが、彼の有名なアメリカ大統領の、ジョン・F・ケネディが最も尊敬していた人物であったとも記されている。

 上杉鷹山の政治家としての手腕は、歴史書を紐解いて読んでみると良く解る。(小生はさわり程度にしか読んだことがないが…)

 藩士・農民など、一切の身分を問わず学問を学ばせ、飢饉に備えて非常食の普及や藩士・農民へ倹約の奨励など民生対策にも力を注ぎ、天明の大飢饉(江戸時代の中頃1782~1788天候不順で冷害や干ばつが続いた)の際には、一人の餓死者も出さずに乗り切ったのだ。
 さらに破綻寸前の藩財政を建て直し借債を完済した偉大な藩主であったのである。

 鷹山の特に凄いところは、今日の政治家がするような、「ブレーンに政策を丸投げし、書かれた原稿を棒読みするだけ…」というようなことはせず、自らが中心になって動き、途中で挫折することなく最後まで成し遂げたところにあるのである。

 語弊になるが、何事につけ「当たり前のことを当たり前にやらない」ことが常套手段のようになっている今日、「汗水たらして働く」という言葉にどれほどの人が共感するだろうか。
 むしろ、「手を抜く・楽をする」という言葉に魅了される人の方が圧倒的に多いのではなかろうか。

 このような時代だからこそ、鷹山の名言が光り輝いてくるのである。

 「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは、人の為さぬなりけり」

 自分が汗をかき必死に努力する姿勢に勝るものは何もないのである。

 この言葉は一生涯、私の「座右銘」として傍らで輝いているのである。


弘法も木から落ちる!?

 日本には古来から「四字熟語」や「諺・格言」なるものがあるのだが、使い方により言葉のニュアンスが微妙に違ってくるのがわかる。



 例えば、同じ意味合いで使われているものに「弘法も筆の誤り」と「猿も木から落ちる」というのがある。

 「優れた人でも時には失敗する」ことの例えなのだが、例えば、この「猿も木から落ちる」という諺を年下や後輩に用いるならばともかく、うっかり上司や先輩を目の前にして使ってしまったら大変なことになるのだ。

 上司の性格にもよるだろうが、「不敬な輩!」「無礼千万な奴だ!」ということになり、場合によっては「降格人事」や「左遷」の憂き目にあってしまいかねないのだ。
 諺に限らず、「言葉の使い方・用い方」は公私に違わず注意したいものである。

 ここまでは少々硬い話になってしまったので、こんどは気分を変えて柔らかくいってみよう。

 小生の若かりし頃には、「諺」をモジッテ遊ぶやり方がはやっていたのである。
 上の場合でいくと、「弘法も筆の誤り」や「猿も木から落ちる」では面白くもなんともないので、「弘法も木から落ちる」「猿も筆の誤り」とするのである。すると、ぜんぜん違和感がなくピッタリと理に適っているように思えてくるから不思議である。
 

 屁理屈で言ってしまうと、次のようになる。
 人間はもともと類人猿の時代から木登りが得意な動物でもあるし、猿の方はというと、「日光猿軍団」ではないが、調教次第では筆使いが上達することだって可能なのである。
 下手をするとその辺の連中よりは数倍も達筆になれる可能性を秘めているかもしれないのだ。

 痛勤電車に揉まれ、積極果敢に業務に取り組む振りをしている毎日では面白くも何ともないではないか。ストレスが溜まる一方である。

 世知辛い世の中! たまには発想の転換も必要である。
 読者諸兄も「コトワザもじり」の遊びにでも興じて、ウィットを磨き仲間を愉快にしてみては如何かな。
プロフィール

jacjon

Author:jacjon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

およよと驚く毎日
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
リンク