FC2ブログ

「ラーメンライス」な食卓!


「ラーメンライス」な食卓!


 冬真っただ中にある今頃の季節、老体の身には非常に堪えるものがある。

 家にいても朝晩の寒気は容赦なくひしひしと骨身に染みわたってくるではないか。
 
 骨皮筋右衛門ほどではないが、体型がいつの間にか骨と皮しかないほどの細身になってしまった。

 数十年前だったら、筋骨隆々の体格を自負していたものだが、今はどの部位に触れても「肉や脂肪分」などと言うものが殆ど見当たらないのである。

 試しに自分の肩に手を置いてみると、皮膚の直下にごつごつとした骨を感じてしまう。筋肉も申しわけ程度に付いているぐらいなので、要するに骨と皮なのである。

 これでは家人に凝った肩を揉んでもらおうにも、触れたとたんに直ぐに分かってしまうので、恥ずかしいやら、情けないやらで頼めないではないか。

 企業戦士として辣腕を振るった(ほどではないが!)時代もあったが、リタイアー後の人生では運動らしい運動をして来なかっただけに、今になってつけが回ってきた感じである。 あぁ~!何と無情なことか…、。

 さて話は変わるが、お腹が空いてくると食べたくなるのがラーメンである。

 最寄りのお店から買ってくれば、季節に関係なくフルシーズン食べられる手軽さがあり、 即席の名のとおり時間をかけずにすぐ出来上がり、お腹を満たしてくれるところが素晴らしい。

 自慢にならないが、小生のブランチはほぼ毎日がこれの繰り返しなのだ。

 主食が「ご飯」と「ラーメン」、「副菜」「主菜」がなく炭水化物オンリーの食事になってしまうのは致し方のないところである。

 食べ方は決まっていて、「スープ・麺・ご飯」の感触を口の中で楽しみながら、ひたすらこの順番を繰り返していく。まさにラーメンライスの「醍醐味ここに有り!」なのである。

 生めん、カップ麺、袋入り即席麺など、いろいろ市販されているのだが、とにかく自分好みのものを買ってくる。

 カップ麺は言うまでもないが、鍋の場合だとお湯がグツグツ沸騰してから麺をいれ、添付の出汁を入れて「ハイ!お終い」式のラーメンになるのだが、ところがどっこい!それでは面白くない。

 ラーメンの美味しさの基本は出汁にある。どうしてもその美味を引き出だすためにはこだわりが必要なのである。

 調味料にひと工夫・二工夫を凝らし、味を引き立たせるための具材を入念に選別し、魚介類も加え試行錯誤を重ねているのだが、今いちどうしても「シャキッ」とした感覚が伝わってこないのだ。

 ラーメンが醸し出す「独特の香りと風味」というものが、出せていないし、況んや出せるはずもないのであるが…、う~ん、悔しい!

 ならばと、街の食堂を時々行脚して回るのだが、どのお店も「まあ旨い」と言える範疇で、どうしても自分好みの味ではないのだ。

 しかしここで安易な妥協をしてはいけない。一度や二度の失敗、いや何十回失敗を重ねようと諦めてしまっては元も子もなくなってしまうではないか。意を決して続けることにしたのである。 

 「継続は力なり」ではないが、もしかしたら努力の成果が「一瞬の閃き」として、すぐそこまでやってきているかも知れないのだ。

 「これが究極のラーメンだ!」という味を引き出すまで、辛抱強く「男のロマン?」を追求していこうと思っている。 

 「高がラーメン!」 されど「ラーメン!」 

 長いなが~い坂道を駆け上り、頂を極めようともがいている一人の人物が今ここにいるのである。

「今年も年末の食材はイカだ!」

 ikacyan.jpg

  いや~!いよいよ押し迫って参りましたね。何かと慌ただしい師走ですが、あと4日で平成29年の幕開けです。

 年の瀬も押し迫ってくるとどうしても話したくなるのが、「イカ食材」の話。 そこで一席!
 四方を海に囲まれた「島国日本」は、漁業資源の宝庫。

 なかでも我々日本人に欠かせない食材の一つが「イカ」なのだ。
 「煮て良し、焼いて良し、生で良し、味も良し」と四拍子揃っている軟体動物のイカは栄養バランスが大変良く、調理や加工もしやすく消化もよいので、少し臭いはするが弁当のおかずとしても長方されているのである。

 そのうえ、良質で高蛋白なアミノ酸と、肝臓の機能を高め血圧を降下させるタウリン(アミノエチルスルホン酸)という物質も豊富に含まれているので、酒好きの人間にとって利用しない手は絶対にないのだ。

 小生も週に一度は近くのスーパーへ出かけ、生鮮食品売場を覗いてなるべく色の黒っぽいイカ(鮮度が良い)を探して二三杯買ってくる。
 皮を剥ぎ細切りにして刺身にし、耳・ゲソは醤油・胡椒で味付けして炒め、酒の肴として賞味するのだが、これが何ともいえぬ美味なのである。

 そして最後の一品は…、 何と言っても「イカの塩辛」。
 はらわたを加えた一品は 「酒肴に良し、ご飯に良し、お茶に良し」で兎に角、えも言われぬ最高の味覚に変身するのである。
作り手によっては如何様にも風味が変化する代物なのだが、はらわたの裏ごしが結構面倒で大変な作業となる。
 またこの「塩辛」という代物は、調理方法を少し変えただけで「納豆」と並んで嫌いな人には大嫌いな代物に変身してしまうから大変である。
 かといってオーソドックスな「紀○」や「桃○」のブランド品では食べていても何か今ひとつピンとこない物足りなさを感じるのだ。

 よし! 年明け早々にでも「自家製塩辛」を試してみるか。
 ともあれ、大晦日の夜は「除夜の鐘」を聞きながら、市販の塩辛で我慢の一杯といこう!!
 「JON ちゃんのリラックスサイト!」へもどうぞ~。
 



「ラーメン・ライス」な季節到来!

「ラーメン・ライス」な季節到来!

 晩秋の夕方ともなれば辺りもすっかり暗くなり、肌寒さがひしひしと老体の身に染みわたる。今年も残すところあと2ヶ月余りとなってしまった。
 という訳で、季節もいよいよ冬場に突入の今日この頃…、食欲の話を一つ!

 秋の味覚の代表格は「サンマ」「松茸」ということに世間の相場は決まっているが、どれもこれも値が張って中々庶民の口には入りにくいのだ。

 そこで「食欲の秋」に我々の胃袋を手っ取り早く満喫させてくれる打ってつけは、何と言っても安価で美味しい「ラーメン・ライス」ということになるのだが、主食が「ご飯」、「副菜」がラーメンということになり、炭水化物のオンパレードとなってしまう。
 しかしこの「ラーメン・ライス」なる定食は、スープの味加減ひとつで不味くも美味しくもなる代物なのだ。

 それでは食べ方をご紹介しよう。
 自宅では「即席麺」プラス「ご飯」を準備するだけと至ってシンプル。自分好みでいくと、「即席麺」の定番は「チャルメラ(明星食品)」か「サッポロ一番(サンヨー食品)」ということになる。

 即席麺のゆで時間は3分から4,5分といったところだが、小生はゆで時間を若干少なめにして、どこぞの市販調味料の「豆板醤」や「シャンタン」などを適宜追加し味ミックスで召し上がっているのだが、なかなか良い風味である。

 街の食堂を利用する際などは、たまに「素ラーメン(醤油味)」に「ライス」を注文するのだが、その際でも「出汁」の調味ウォッチをかかさないようにしている。

 自分流の美味しい食べ方は、まず最初にラーメンのつゆをひと口飲んでスープ味を確認、 次に麺を口に運び、その後「ご飯」を思いっきり口に含んで咀嚼し、「スープ・麺・ご飯」の感触を口の中で楽しみながら、これを繰り返すのである。

 その際、具として乗っかっている1枚のチャーシューは貴重なので、前後半で半分づつ食べるようにするのが味噌である。(一気に食べるとなくなってしまう。)

 お店によっては、チャーシューの他に「海苔」「鳴戸」「野菜」などがのっかているので、例えば海苔などはご飯にくるんで食べるなど、一工夫して食べるのも美味しいやり方なのだ。

 とどのつまりは外食も自炊も要は「出汁の摂り方」次第ということになる。
 人生何事も経験が大事! 読者諸兄よ! 騙されたと思い、一度や二度は自己流で工夫した美味しい「ラーメン・ライス」の味をお試しなさってはいかがかな、!?
 

「日本人だなぁ~、君も…!」

「日本人だなぁ~、君も」

小生が未だ若かりし頃のサラリーマン時代の話である。
 社員食堂での一駒である。

 お昼時間が迫るころになると心もそぞろ、誰しも時計の針に目がいってしまうものであるが、その日は特に空腹なこともあって、何回となく部屋の中にある大時計に目がいってしまったのだった。

 我慢しきれず、少し早めに離席し社員食堂に向かった。
 時間が早かったせいもあり、その日の食堂の顔ぶれはいつもとは少し違っていた。    
 ガラス越しに展示してある「昼食メニュー」の中から日替わり定食の「A定食」を注文した。
 空腹も手伝い、この日に限っていつもは注文しない「納豆」を追加でオプションしてしまったのである。

 一人いそいそとテーブルで食べ始めたのであるが、折り悪くと言おうか、小生のテーブル横に他所の部のY部長とその仲間数人がやってきて陣取り、何やら雑談しながら食べ始めたのである。

 小生、別段気に留める事もなく食べていたのだが、ひとしきりして仲間との会話が途切れたせいか、急に部長が横目でチラリとこちらを眺め、「怪訝そうな顔」でひとこと話しかけてきたのである。

 ”君は納豆を食べているけど好きなのかい”? 余計なお世話と思いながらも小生はすかさず、「はい大好きです!」と答えた。
 すると部長は含み笑いをしながら、でかい声で一言、「日本人だなぁ~、君も…」と、のたまったのである。 

 仕方なく小生も愛想笑いを浮かべながら、すかさず斬り返えした。
 「フン! 納豆嫌いは日本人じゃねーよ、大きなお世話だぁ~!」…と、
 もちろん心の中で呟いたのである。

年末の食材はまたまた「イカ」だ!

年末の食材はまたまた「イカ」だ!
いや~! 押し迫って参りましたね。あと5日寝ると平成28年の幕開けか~。
 何とも慌しい師走ですが、おせち料理を準備するついでに食材のお話をひとつ!

 四方を海に囲まれた「島国日本」は、漁業資源の宝庫なのだが、なかでも我々日本人に欠かせない食材の一つが「イカ」。
 「煮て良し、焼いて良し、生で良し、味も良し」と四拍子揃っている軟体動物のイカは栄養バランスが大変良く、調理や加工もしやすく消化もよいので、少し臭いはするが弁当のおかずとしても長方されているのである。

 少し硬い話になるが、学術書には「イカ、タコなどの軟体動物には良質で高蛋白なアミノ酸と、肝臓の機能を高め血圧を降下させるタウリン(アミノエチルスルホン酸)という物質も豊富に含まれている」とある。

 補足説明になるが、wikipediaによるとタウリンは「人の体内で胆汁酸と結合し、タウロコール酸となって食物の消化作用を助け、神経伝達物質としても大活躍する一方、血液に含まれている白血球の一種である好中球が殺菌の際に放出する活性酸素や過酸化水素放出を抑えるといった作用もある。」ということも記してあった。ついでに、「するめの表面に出る白い粉はタウリンが凝縮」しているのだそうだ。

 という訳でタウリンには肝機能を整える作用があることから、酒好きの人間にとってイカはうってつけ食材パートナーであり、アルコールを飲む際に利用しない手はないのである。
  小生も週に一度は近くのスーパーの生鮮食品売場を覗き、なるべく色の黒っぽいイカ(鮮度が良い)を探して二三杯買ってくる。

 本体の皮を剥ぎ細切りにして刺身にし、耳・ゲソは醤油・胡椒で味付けして炒め、酒の肴として賞味するのだが、これが何とも言えず美味なのである。
 そして最後の一品はというと何と言っても「イカの塩辛」なのだが、しかしこの「塩辛」、調理方法を少し変えただけで「納豆」と並んで嫌いな人には大嫌いな代物に変身してしまうから大変である。

 イカのはらわた(内臓)を加えた塩辛は何とも言えない風味があり、小生には絶品の味なのだ。
 「酒肴に良し、ご飯に良し、お茶に良し」で兎に角、えも言われぬ最高の味覚に変身するのである。

 さてそこで、自家製塩辛はこれから取り掛かるのであるが、レシピなどを見てみると作り方は結構簡単そうである。

 作業手順としては、
 ● 取り出したイカの内臓にたくさんの塩をまぶして「すのこ」の上などに置き、一晩冷蔵庫に寝かせて余分な水分を抜き取ること。
またイカ本体も皮をむき塩を振って一晩冷蔵庫でねかせる。
 ● 翌日取り出してイカのはらわたの中身を搾り出し、酒、みりん、塩などの調味料で味付けして、イカ本体の方も食べやすく小切りに裁いて、容器にいれてかき混ぜる。
 ● 2~3日冷蔵庫で保存し、1日に1回程度取り出して容器内の塩辛をかき混ぜる作業を行うと次第に熟成発酵した美味しい塩辛が出来上がるのである。

 一度自家製の塩辛を玩味したならば、もはや「紀文」や「桃屋」のブランド品などは全然まったく「お呼びでない!」になってしまいそうな気配なのである。 よし! それでは年明け早々にでも「自家製塩辛」を試してみるか。

 ともあれ、大晦日の夜は「NHKの紅白と除夜の鐘」を聞きながら、日本人の味覚にピッタリあった「イカの塩辛」で一杯やるか!!

 「JON ちゃんのリラックスサイト!」もご覧アレ~。
 
プロフィール

jacjon

Author:jacjon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

およよと驚く毎日
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
リンク