FC2ブログ

「こうなったら意地でも」!

「こうなったら意地でも」!

 日本語に「意地」という言葉がある。

 辞書によるとその意味は「気立て、根性」など、本来は良い意味に使われるべきものなのだが、「意地悪、意地っ張り、意地汚い、片意地」など、頭や尻に余分な語がくっついて形容詞や動詞になったとたんに悪い意味合いになってしまうのである。

 意地と言えば、誰にでも一つや二つ思い当たる節があると思うのだが、小生にもあるのだ。

 国語が好きだったこともあって、高校入学当初から「単語力・語彙力」を高め、人よりも少しでも抜きんでてやろうと悪心を抱いていたのである。

 そこで思いついたのが「国語辞典」の通読なのである。

 当時、国語辞典は「岩波・角川・三省堂」などが主流で、この三社でシェアの殆どをカバーしていたのだが、小生のものはマイナーな「講談社」であった。 

 このマイナーな辞書を購入するきっかけとなったのは、クラスに仲良くしている友達がいて、その彼が「とても引き易くて見やすい辞書があるよ」と言って見せてくれたのだ。

 寸借してパラパラめくり使用感を確かめたのだが、やはり「見やすく、引き易く、意味も分かりやすかった」ので、一ぺんに気に入ってしまったのである。

 購入した当初は物珍しさも手伝って、暫くの間は辞書を鞄に入れて毎日家と学校を往復していたのであるが、しかしいつも辞書が「真っ新」というのがどうにも気に入らなくなり、毎日のように色のついたポールペンで辞書の説明文を線でなぞっていくようになったのである。

 気が付いたら殆どのページが赤や青の線だらけのオールカラーになって、記述内容の判別ができなくなっていたのである。

 教科書・参考書も然り、色の線引きした箇所は覚えたつもりになって一人自己満足に浸っていたのであるが、これも「若気の至り」いや「変わり者」というところだろうか。

 酷使に堪えた辞書も半世紀を過ぎた今では装丁も脱落し、ページがバラバラの状態になってしまったのだが、創意工夫でかろうじて形状を維持させ体裁を保たせている。

 「こうなったら意地でも…!」というのが偽らざる心境なのだ。

 大げさではあるが、半世紀以上も人生を共にしてきたこの辞書は小生にとって片時も手放せない伴侶であり、「座右の書」としてもこの期に及んでますます愛着が増し加わってきている次第である。
  

「ベランダガーデニング」


こんにちは!! いま「ベランダ菜園」に取り組んでいます…!!?


「ベランダガーデニング」

   爽やかな春の風が肌に心地よく感じられる「若葉薫る5月」もいよいよ最終章に入りました。

 ここ数日のお天気は初夏を思わせるようなうだる陽気に様変わり!

 いよいよ「若葉から新緑へ」季節交代がはじまろうとしている今日この頃である。

 今頃の季節は何を始めても良いという感覚が自分の中にあり、何かしなくてはという衝動にかられ、数年前からやり始めたのが「ベランダガーデニング」である。

 手始めに小さなプランターに土を入れ、適当に水をやり、「うまみ菜の種」をぱらぱらと蒔いて植えてみた。

 種まきシーズンが長いのでいつ蒔いてもOKなのと毎朝1回の水やりだけで済むので世話する手間が省けるのが中々良いのだ。

 たかが「ベランダ菜園」ではないか、などとバカにしてはいけない。

 小生のコンセプトに「趣味と実益を兼ねる」というのがあって、上手くいけば青々とした瑞々しい菜っ葉が、美味しい味噌汁の具として1~2週間後には食卓に上る段取りなのだ。

   未だ数センチだが、成長が早いので今後数十センチに成長した「うまみ菜の勇姿」を、いずれ小生の「ホームページ」でお披露目することにしよう。

 「乞う!ご期待!」と言ったところである。


「目糞、鼻糞を笑う」のだ…!

「目糞、鼻糞を笑う」…!

 きょう11日は「成人の日」、華やかに着飾って新成人となった着物姿の女性たちはいつ見てもいいものですね~。将来の夢や希望を大々的に語っていましたね。ああ、うらやましい~。
 
 さて、それとは対照的なのが、我々「団塊世代」と呼ばれていた人類たちなのだ。
 「歳月人を待たず」という一見、薄情そうで辛辣な諺がこの世に存在するのだが、この年齢になるとどうしても「昔むかし…」の世界に回帰してしまのである。

 戦後の混乱がまだ尾を引いている昭和20年代前半に産声を上げた「団塊の世代」と呼ばれている人種も、今ではとうに還暦を飛び越えて時代の向こう側に行ってしまった。
 
 社会の荒波に揉まれ「企業戦士」として辣腕を奮い、日本の経済成長の一翼を担ってきたと自負されている御仁もおられるのではなかろうか。
 
 我々が20歳そこそこであった頃の昭和40年代当時は海外でも日本でも「グループサウンズ」が全盛を極めており、海外では「ザ・ビートルズ」、「ローリングストーンズ」「ベンチャーズ」などが、国内では「ザ・タイガーズ」や「スパイダーズ」「テンプターズ」などなど、さらに踊りでは「ゴーゴー」や「モンキーダンス」などが大流行し跋扈していたのである。

 相まって若者たちの間では、エレキギターを始め、フォークギターやクラシックギターなどの楽器が大いに持て囃され一大潮流を形成していたのだ。
 
 では早速タイムマシーンに乗ったつもりで昭和40年代の日本にテレポートし、その当時の空気に浸ってみようではないか。


 関東平野のとあるキャンパスに降り立った。そこには我々団塊世代の若かりし頃の学園生活が展開されているではないか。

 耳を澄ましてみると、学園内のあちこちから学生たちの和やかな談笑が聞こえてきた。将来の夢と希望を語り合う若者たちのエネルギーで、キャンパス内は燃えさかっていたのである。

 当時は多くの学生がギターを所有しており、「ポピュラー・歌謡曲・フォークソング」など、得意なジャンルの曲を思い思いコピーして楽しんでいたのである。
 
 ご多分に漏れず小生も「ギター」という楽器に憧れていて、アルバイトをしながら貯めたお金でいち早く楽器を購入し、難解な旋律の曲を苦心しながら独学で習得し徐々にレパートリーを増やしていったものである。

 学内には趣味の合致した学友が数人いて交流を重ねていたのであるが、ある日ある時「ギター演奏」のことが話題に上った。

 「奏法や技巧」へと話が盛り上がり、とうとう「それぞれの腕前の披露」へと話がエスカレートしていったのである。
 
 学友の一人が「課題曲」を提示し、その曲を「誰が最も早くマスターし、上手に弾けるかやってみようではないか」ということで話がまとまった。

 何日かして再び一同が会し、いよいよ課題曲である「禁じられた遊び」(愛のロマンス)の腕前を披露することと相成った。

 曲を奏でる「手は強張り、顔は引きつり」で演奏中は皆必死の形相で、内心穏やかならざるものがあったのであるが、それでもスター気取りで何とか弾き終わり、互いが心の中で、「俺の腕に敵う者は居るまい」と有頂天になっていたのである。

 小生は一歩距離を置いて、高い見地から眺めていたのだが、蓋を開けてみて「ビックリ!」、どれも皆「団栗の背比べ」であったのだ。

 演奏テクニックに「キラリと光る」個性などというものは、誰一人持ち合わせていなかったのである。
 
 結論は…?  と言えば、 アッ ハッ ハ~!
 
 やはり所詮は 素人、「同じ穴の狢」、 「目糞、鼻糞を笑う」の類であった。    
  青春って…、本当にいいものですねぇ…!

 <2015.03.06…再掲載 文面一部を修正>

「小松菜の勇姿」


皆様、こんにちは!! 今年はブログ更新に全身・全霊で取り組んで参ります…!!?



小松菜

何かしなくては…、という焦りの気持ちから最近始めたのが「ベランダガーデニング」なのである。

 「趣味と実益を兼ねる」が小生のコンセプトである。

 手始めに小さなプランターに土を入れ、適当に水をやり、「小松菜の種」をぱらぱらと蒔いて植えてみた。

 たかが「ベランダ菜園」とバカにしてはいけない。

 上手くいけば青々とした瑞々しい菜っ葉が、美味しい味噌汁の具として数週間後には食卓に上る段取りなのだ。

 数十センチに成長した「小松菜の勇姿」を後日、小生の「ホームページ」でお披露目することにしよう。

 「乞う!ご期待!」と言ったところである。



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


ポイントサイトの「ハピタス」では、期間限定でAmazon商品の自己購入に対し、100円で1%のポイントバックを実施しています。
是非ご利用されたし!

「目糞・鼻糞を笑う!」

guitar1.jpg
「歳月人を待たず」という一見、薄情そうな諺があるのだが、その所為かどうかは知
らないが、齢を重ねるごとにどうも懐古趣味に陥ってしまう傾向があるようだ。
 
戦後の混乱がまだ尾を引いていた昭和20年代前半に産声を上げた「団塊の世代」
と呼ばれている人類も、今ではとうに還暦を通り越してしまった。
 社会の荒波に揉まれ「企業戦士」として辣腕を奮い、大活躍してきたと自負されている輩も相当数おられたことであろう。
 さてそこで、タイムマシーンに乗ったつもりで昭和40年代の日本にワープしてみよう。
 とあるキャンパスに降り立った。そこには我々団塊世代の若かりし頃の学生生活が展開されているではないか。
 構内のあちらこちらから学生たちの和やかな談笑が聞こえてきた。
 当然のように、皆夫々に「夢あり・希望あり・趣味もあり」で、将来に向かってエネルギーが燃え盛っていたのである。
 
 当時は海外でも日本でも「グループサウンズ」が全盛を極め、「ゴーゴー」や「モンキーダンス」なる踊りが跳梁跋扈していた時代でもあった。
 エレキギターを始め、フォークやクラシックなどのアコーステックな楽器が大ブームを呼び、多くの若者に支持され
持て囃されていたのであるが、当時の学生たちは「ポピュラー・歌謡曲・フォーク」など、得意なジャンル
の曲を思い思いにコピーし、それぞれが自己流で楽しんでいたのである。
 ご多分に漏れず小生も「ギター」という楽器に憧れ、アルバイトをしながら貯めたお金で逸早く楽器を
購入し、難解な旋律の曲を苦労しながら習得し悦に入っていたものだ。

 学内には趣味や性格が一致した数人の学友がいて交流を重ねていたのであるが、ある時「ギター演
奏」のことが話題に上った。
 奏法や技巧へと話が盛り上がり、とうとう「それぞれの腕前の披露」へと話が発展していったのである。
 学友の一人が「課題曲」を提示し、その曲を「誰が最も早くマスターし、上手に弾けるかやってみようで
はないか」ということに話がまとまったのである。

 何日かして再び一同が会し、いよいよ課題曲である「禁じられた遊び」の腕前を披露することと相なっ
た。
 曲を奏でる「手は強張り、顔は引きつり」で演奏中は皆必死の形相で、内心穏やかならざるものがあっ
たのであるが、それでもスター気取りで何とか弾き終わり、互いが心の中で、「俺の腕に敵う者は居るま
い」と有頂天になっていたのである。

 小生はというと、一歩距離を置いて高い見地から眺めていたのだが、蓋を開けてみて「ガッカリ…!」、

 演奏テクニックに「キラリと光る!」個性などというものは誰一人持ち合わせていなかったのである。
 どれも皆「団栗の背比べ」であったのだ。 結論は…?と言えば、
 やはり所詮は素人、「同じ穴の狢」、「目糞、鼻糞を笑う」の類であった。

JONの呟き日記(楽天ブログ)より 転載 … … 一部加筆・修正あり
 



プロフィール

jacjon

Author:jacjon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

およよと驚く毎日
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
リンク