FC2ブログ

「あぁ~! 我が青春の1ページ」!!


 
「歳月人を待たず!」(時は人の都合など待ってくれない。)

 この諺は我が世代にとってはとても辛辣な響きを呈している言葉である。

 限りある人間の寿命からして、とくに齢を積み重ねてきた者にとっては無常な響きとなって心の中にこだましてくるのではないだろうか。

 我われロートル世代においては(といっても私個人のことであるが…、)「昔むかし…、」で始まる「古き良き時代」に心がどうしても回帰してしまう傾向が強いようである。(心理学では「良形視の作用」の働きといっている)

 小生もしかり、戦後の混乱がまだ尾を引いている昭和20年代前半に産声を上げた「団塊の世代」と呼ばれる人類の一人であり、今では遥か遠い向こう側に行ってしまった感さえ否めない世代の人間なのである。
 
 社会の荒波に揉まれ「企業戦士」として辣腕を奮い、日本の経済成長の一翼を担ってきたと自負されている御仁もかなりおられるのではないだろうか。

 また当時(昭和30年代後半~)の日本といえば、舶来文化の影響をまともに受けていた時代でもあった。

 芸能面を見てみると、海外では「グループサウンズ」が全盛を極めており、「ザ・ビートルズ」、「ローリングストーンズ」「ベンチャーズ」など、そして国内では少し遅れて「ブルーコメッツ」や「スパイダーズ」「ザ・タイガーズ」などなどエレキ文化の花が満開、踊りでは「ゴーゴー」や「モンキーダンス」などが流行りだしていて、正に「日本中が舶来文化のるつぼ」と化していたと言っても過言ではなかったのである。

 相まって若者たちの間では、エレキギターを始め、フォークギターやクラシックギターなどの楽器が大いに持て囃され、国内でも一大潮流を形成していった。

 では早速タイムマシーンに乗り昭和40年代前半にワープして、当時の空気に浸ってみよう。

 関東平野のとあるキャンパスに降り立った。団塊世代の若者たちがグループで集まって交流を楽しんでいるようだ。

 将来の夢や希望を語り合っているのだろうか。 さらに近づいて観察していると、若者たちの真剣な眼差しや情熱がひしひしと伝わってくるではないか。
 
 当時の趣味・娯楽は人それぞれ「十人十色」であったが、手軽さからか、多くの学生がギターを所有しており「ポップス・歌謡曲・フォーク」など、それぞれ得意なジャンルの曲を思い思いにコピーして楽しんでいた時代でもあった。
 
 小生も「ギター」という楽器には当初から憧れを抱いていて早く入手したかったのだが、「音色の良い楽器」は例外なく高額でとても手が出せなかったし、かといって価格相応のそれなりの音色しか出ない楽器には興味も関心も全くなかったのである。

 長らくアルバイトをしながらコツコツ貯めたお金でようやく納得の楽器を購入し、難解な旋律の曲に取り組み初めていった。

 学内には趣味を一にする仲間が数人いて交流を重ねていたのであるが、ある時「ギター演奏」のことが話題に上ったのである。

 議論が白熱しだして「技巧や奏法」へと話が盛り上がり、とうとう「それぞれの腕前の披露」へと話がエスカレートしてしまった。
 
 仲間の一人が「課題曲」を提示し、その曲を「誰が最も早くマスターし、上手に弾けるかやってみようではないか」ということで話がまとまったのである。

 何日かして再び一同が会し、いよいよ課題曲である「禁じられた遊び」の主題歌(愛のロマンス)を披露することと相成った。

 曲を奏でる「手は強張り、顔は引きつり」で演奏中は皆必死の形相で、内心穏やかならざるものがあったのであるが、それでもスター気取りで何とか弾き終わり、互いが心の中で、「俺の腕に敵う者は居るまい」と有頂天になっていたのである。

 小生は一歩距離を置いて、高い見地から眺めていたのだが、蓋を開けてみて「ビックリ」、 いや「案の定」とでも言おうか。

 腕前のほうはと言うと、どれも皆「団栗の背比べ」であった。

 演奏テクニックに「キラリと光る」「滲み出る個性」などというものは、誰一人持ち合わせていなかったのである。 

 結論は…? と言えば、 アッ ハッ ハ~!
 
 やはり所詮は 素人、「同じ穴の狢」、 「目糞、鼻糞を笑う」の類であったのだ。 

 血気盛んなあの時代にはもう二度と戻れないのだが、しかし思いを馳せることはいつでも可能なのである。

 誰にも必ずやってくる青春、しかし二度と戻ることの出来ない青春…、う~ん…、

 でもしかし、青春時代って「本当にいいものですねぇ…!」

 

「団塊の世代」と高齢化社会!

高齢化社会と団塊の世代!
 戦後の混乱がまだ尾を引いていた昭和20年代前半、富国強兵の一環か?政府が勧めてきた「産めよ増やせよ」の号令下で第一次ベビーブームが到来したのである。

 その立役者となった「団塊の世代」と呼ばれている人々も早70代を迎え高齢者となってしまった。

 日本人の平均寿命も延びてはいるのだが、いまいち体のどこかが芳しくないという所謂、半健康人とも言うべき人たちが増えているという。

 人生長生きするのもいいのだが、長生きの仕方が問題になってくるのではないだろうか。

 長患いで寝た切り状態では周囲に迷惑がかかるし、かといって足腰は元気だが頭脳のほうがいまいち芳しくない、というのではこれまた不都合きわまりないのである。

 経年劣化ではないが、高齢化に伴って「心身の健康バランスをうまく維持しながら生活していく」ことは、並大抵なことではないのだ。

 そのためには、まず「足腰の筋力維持」と「脳細胞の活性化を図る」ことを最優先にすべきである。

 簡単な方法として、十分な「睡眠とバランスのとれた食事」を心掛けること。

家庭内でのトレーニング(ラジオ体操・スクラッチ・スクワット・瞑想…など)を短時間でも毎日励むこと。

  キン肉マンになりたい人は別だが、スポーツジムなどに通わなくても筋力の維持・強化は家庭内でも十分図れるのである。

 また、人にはそれぞれ一定の「生活リズム」というのがあり、そのリズムを崩さないように保ちつづけることも大切なのだ。

 さらに資本投資を惜しまないのであれば「サプリメントの継続摂取」も健康体を保つうえでは非常に有効な手段となる。

 人間は誰しも年齢を重ねるごとに心身の老化が始まり、終いには肉体が醜態化していくのであるが、しかしそこで諦めてはいけないのだ。

 自分にちょっとした「創意工夫と努力」があれば、老化の進行速度を大幅に遅らせ、健康体を維持しながら「悠々自適」の余生を送ることだって可能なのである。

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」…(上杉鷹山)

 全てはこの言葉どおりなのだ。

 現代科学を多いに信用し利用しようではないか。

言葉の魔力に魅せられる「時代と風」の縁!

言葉の魔力に魅せられる「時代と風」の切れない縁!

「若葉薫る五月!小鳥のさえずりが大空に響き渡り、心地良いそよ風が街行く人々の頬を撫でてゆきます。皆様如何お過しですか?」と、ラジオから流れてくる女性パーソナリティの声! 

端午の節句も終わり五月も早半ば、爽やかな新緑の季節がやってきた。

シンガーソングライターの「中島みゆき」の曲に「時代」という歌がある。

味わいのあるとても良い詩だと思うのだが…、この歌詞の中に「時代と風」とういフレーズが幾度となく現れる。

「~、そんな時代もあったねと、いつか話せる日が来るわ~、だから今日はくよくよしないで、今日の風に吹かれましょう。~」というフレーズ。

この「時代」と「風」という言葉には切っても切れない関係がついて回っているような気がするのだ。
しかも人を引き付ける魔力が潜んでいるようだ。

例えば、我々が会話で良く用いる言葉で「風の便りによれば~」と表現すれば、セピア色に褪せた過去の時を感じさせるし、「そよ風に乗って~」と表現すれば、ライトグリーンの春風が「今時何かを運んできてくれるのでは」との薄っすらとした期待感が待っている。

「時代」と「風」がコンビを組めば、そのうえさらに情緒感の極みが待ち受けているのだ。

「郷愁の念、恋人たちの出会いや惜別、季節の移り変り」などの文句を曲のフレーズに織り込んでしまえば占めたもの。
リスナーはセンチメンタルな気分この上なくさせられてしまうのである。

こうなってしまえば歌手が歌っているのではなく、言葉が勝手に歌っている感さえ否めなくなってくるから不思議なのだ。

ここまでで、何か取り留めのない持論を展開してしまったようで大変恐縮なのであるが…。
  
地球星が誕生して以来、地上という舞台に無数の人類が登場しては去っていった。

この繰り返しがこれから幾星霜続くのであろうか。未来永劫に続くのだろうか…、などと考えていると浮かんでくるのがあのフレーズなのだ。

「そんな時代もあったねと~、だから今日はくよくよしないで、今日の風に吹かれましょう。~まわるまわるよ時代はまわる~」

平成30年という時代も「時の流れ」の中で、何事も無かったかのように過ぎ去って行くのであろうか。

七そじ八そじの人生終焉にさしかかり、感傷的になっている己の頭の中を「時代と風」のフレーズがたった今ふっとよぎって行ったのである。

「人生はドラマだ」!



 「人生は筋書きのないドラマである…」と、その昔テレビの対談で自分の一生を回顧していた女優がいた。

 「浪花千恵子」という今では知る人ぞ知る、「上方女優」が述べた言葉である。 
               
 体験談を語っていた時代は一般家庭にようやく白黒テレビが普及し始めた昭和30年代中頃のことだったと思う。

 当時のことは今となっては曖昧で定かではないのだが、確か毎回ゲストを招き「人に歴史あり」とかいうニュアンスの番組だったように記憶している。

 対談のあらすじは、「家が貧しく口減らしのために、幼くして自分が弁当屋へ女中奉公に出された苦労話から、その後たどった紆余曲折の人生へと」話が展開されていくのである。

 「貧しい家庭環境で育て上げられて、かわいそうな人だったんだなあ」と、当時は子供ながらにそう思ったものである。

 さて、良きにつけ悪しきにつけ母親の胎内から「おぎゃ~」と生まれ出たならば最後、長いなが~い時を刻みながら、我々は地上という舞台で終焉までドラマを演じ続けていかなければならない宿命を負っているのである。

 脚本・演出・監督・配役などなど、全て自分が担うわけだが、どのように自己を表現するかは大変重要な問題となってくる。

従って、演出を生かすも殺すも能力(自分)次第ということになるわけだが、男女に限らず人間たるもの、この世に生まれたからには欲望の一つや二つは必ず持ち合わせているものだ。

 昔から良く言われる「一旗揚げる・故郷に錦を飾る」などの文言はその典型であり、またそれが人情とも言えるものなのだ。

 では当の小生はどうかと言うと、すでに人生の終盤に差し掛かり、今さら「闘志や野望」などと言われてもやり切れないことこの上ないと思っていたのだが、…

 しかし「惰性に流されて生きていくのは罪だ。」このままでは終われないと考え直し、一念発起し3年前にクラシックギターを習い始めたのである。

 街の音楽教室で腕を磨き「人生という晴れ舞台」で一花咲かせてみようと、ただ単純に思い立ったのである。

 取るに足らない成果かもしれないが、努力の甲斐あって今では楽譜を見ないで27のギターコードを瞬時に押さえられるまでになったのである。

 しかしまだまだ道のりは長く、一花も咲かせられないかもしれないが奮闘努力中である。

 尚、人生ドラマの違う一面を「当該リンク」にて展開中である。

 お暇な御仁はこちらの方も一度覗いてみて下され~!

 いや~、人生って本当に「摩訶不思議で面白いドラマ」なんですね~! 

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

我が青春の1ページ!

我が青春の1ページ!

 もうかれこれ半世紀も前になるだろうか。

 将来への夢と希望で胸がはち切れそうなほどに満ちみちていた、高校生時代のことである。

 当時、巷間に流れていた音楽といえば、当然のように歌謡曲や演歌が主流となっていた時代であった。

 しかもそれらが庶民の間に娯楽の一部として定着し大いに持て囃されていたのである。

 1960年代初頭のころからだろうか、日本人の海外音楽に対する意識にも少しづつ変化の兆候が見られ、やがて鎖国が解けたかのように舶来リズムが怒涛となって流れ込んできたのである。 

 海外のソロシンガーでは、英国の「クリフリチャード」米国の「エルビスプレスリー」、国内では「美空ひばり」コーラスは「ダークダックス」、雨後の竹の子のような勢いで突然始まったグループサウンズは「ザ・ビートルズ」「ザ・ベンチャーズ」、国内では「ザ・スパイダーズ」「ザ・タイガース」などなど、面目躍如の活躍が始まっていた。

 女性シンガーも沢山現れていた。有名なところでは反戦歌の女王だったフォークシンガーの「ジョーンバエズ」シャンソン界の「シャルルアズナブール」「シルヴィバルタン」カンツォーネでは「ボビーソロ」「ジリオラチンクェッティ」などなど、世界中が音楽で盛り上がり一見すると平和な時代でもあった。

 庶民の音楽熱の余波は音響機器メーカーにも影響を与え、技術発展に貢献していった。

 記録媒体は、当初雑誌などに付録で付いてきたソノシートから始まり、やがてシングルレコード盤、LP盤へと拡大し、再生機器のほうもレコードプレーヤーからコンポーネントステレオへと発展していった。

 録音機器も当初はリール式テープレコーダーが各社から発売されたのだが、人気が沸騰してきたため、どのメーカーでも予約待ちの状況が続いたのである。(カセット式テープレコーダーなどという機器は当時はまだ開発されていなかった)

 余談になるが、この時代において小生にも恋焦がれていた女性シンガーがいたのである。

 彼女の名は ”地中海の妖精”と謳われた、「ヴァシリキア・ヴィッキー・パカタナシュー」である。

 ギリシャで生まれ育った彼女は両親と共にドイツハンブルクに移住し、その地で第12回ユーロビジョン・ソング・コンテスト、で入賞しグローバルデビューを果たした。

 ポールモーリア管弦楽団の演奏でもお馴染みの 「恋はみずいろ」は彼女の大ヒット曲でもある。
 日本で発売された彼女のレコード盤は、LP・シングル盤ともに今でも大切に我が家で保管している。

 願わくば、懐かしいあの頃にもう一度戻りたいなあ~…!」というのが偽らざる心情である。
プロフィール

jacjon

Author:jacjon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

およよと驚く毎日
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
リンク