FC2ブログ

「ラーメンライス」な食卓!


「ラーメンライス」な食卓!


 冬真っただ中にある今頃の季節、老体の身には非常に堪えるものがある。

 家にいても朝晩の寒気は容赦なくひしひしと骨身に染みわたってくるではないか。
 
 骨皮筋右衛門ほどではないが、体型がいつの間にか骨と皮しかないほどの細身になってしまった。

 数十年前だったら、筋骨隆々の体格を自負していたものだが、今はどの部位に触れても「肉や脂肪分」などと言うものが殆ど見当たらないのである。

 試しに自分の肩に手を置いてみると、皮膚の直下にごつごつとした骨を感じてしまう。筋肉も申しわけ程度に付いているぐらいなので、要するに骨と皮なのである。

 これでは家人に凝った肩を揉んでもらおうにも、触れたとたんに直ぐに分かってしまうので、恥ずかしいやら、情けないやらで頼めないではないか。

 企業戦士として辣腕を振るった(ほどではないが!)時代もあったが、リタイアー後の人生では運動らしい運動をして来なかっただけに、今になってつけが回ってきた感じである。 あぁ~!何と無情なことか…、。

 さて話は変わるが、お腹が空いてくると食べたくなるのがラーメンである。

 最寄りのお店から買ってくれば、季節に関係なくフルシーズン食べられる手軽さがあり、 即席の名のとおり時間をかけずにすぐ出来上がり、お腹を満たしてくれるところが素晴らしい。

 自慢にならないが、小生のブランチはほぼ毎日がこれの繰り返しなのだ。

 主食が「ご飯」と「ラーメン」、「副菜」「主菜」がなく炭水化物オンリーの食事になってしまうのは致し方のないところである。

 食べ方は決まっていて、「スープ・麺・ご飯」の感触を口の中で楽しみながら、ひたすらこの順番を繰り返していく。まさにラーメンライスの「醍醐味ここに有り!」なのである。

 生めん、カップ麺、袋入り即席麺など、いろいろ市販されているのだが、とにかく自分好みのものを買ってくる。

 カップ麺は言うまでもないが、鍋の場合だとお湯がグツグツ沸騰してから麺をいれ、添付の出汁を入れて「ハイ!お終い」式のラーメンになるのだが、ところがどっこい!それでは面白くない。

 ラーメンの美味しさの基本は出汁にある。どうしてもその美味を引き出だすためにはこだわりが必要なのである。

 調味料にひと工夫・二工夫を凝らし、味を引き立たせるための具材を入念に選別し、魚介類も加え試行錯誤を重ねているのだが、今いちどうしても「シャキッ」とした感覚が伝わってこないのだ。

 ラーメンが醸し出す「独特の香りと風味」というものが、出せていないし、況んや出せるはずもないのであるが…、う~ん、悔しい!

 ならばと、街の食堂を時々行脚して回るのだが、どのお店も「まあ旨い」と言える範疇で、どうしても自分好みの味ではないのだ。

 しかしここで安易な妥協をしてはいけない。一度や二度の失敗、いや何十回失敗を重ねようと諦めてしまっては元も子もなくなってしまうではないか。意を決して続けることにしたのである。 

 「継続は力なり」ではないが、もしかしたら努力の成果が「一瞬の閃き」として、すぐそこまでやってきているかも知れないのだ。

 「これが究極のラーメンだ!」という味を引き出すまで、辛抱強く「男のロマン?」を追求していこうと思っている。 

 「高がラーメン!」 されど「ラーメン!」 

 長いなが~い坂道を駆け上り、頂を極めようともがいている一人の人物が今ここにいるのである。
プロフィール

jacjon

Author:jacjon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

およよと驚く毎日
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク