FC2ブログ

「食品添加物」について!

「食品添加物」について!
 齢を重ねるごとに気になってくるのが健康問題なのだが、ここにきて最近俄かに気になりだしたのが、「食品添加物」の問題である。
 今更始まったことではないが、なにぶんにも毎日、口にするものだけに気になり出したらもう止まらないのである。

 好奇心も手伝って、早速書店で関連書籍をあさり二冊ほど探し出して買ってきたのだが、イヤハヤ、有るわあるわ…!!
 日本で認可されている添加物のその数なんと390種類を超えているのである。

 調味料・酸味料・膨張剤・増粘多糖類・酸化防止剤・甘味料・発色剤・合成保存料・合成着色料などなど…、並べだしたら切りがないくらいの種類があるのだ。

 これらの添加物は我々が毎日まいにち口にする食料品に添加されているものばかりなのだ。
 もちろん厚生労働省が健康上問題ないとして認可しているものばかりなのだが、成分中には長年の摂取で「発がん性」が疑われているものも少なからずあるのだ。

  一例であるが、漬物の「沢庵」、色鮮やかな黄色っぽさを出すために合成着色料の「黄色4号」が使われている。しかしこの成分が研究者のあいだでは「発がん性」が指摘されているのである。

 もう一つ、砂糖の200倍以上甘いとされる人工甘味料の「アスパルテーム」別名「パルスイート」「ニュートラスイート」などの名称で、「カロリー0」の文言で「ダイエット食品」に良く使われているのであるが、これなどはアメリカの学者が「マウスを用いて実験」した結果では、「脳腫瘍・脳細胞破壊」の現象がみられたことが医学誌に発表されているのである。

 通常それらの添加物は、体内に入ると「肝臓」で解毒・分解して体外へ排出(デトックス作用)されるのであるが、酵素の種類によっては、一旦体内に入ると分解されずに肝臓や膵臓などの臓器に留まり、そのまま蓄え続けられていくものもあるのだ。

 しかし中には自然植物や自然食品の中から食品添加物としてうまく食材に活用されている例もある。
例えば甘味料に用いられる「ステビア」「カンゾウ」、着色料として使われている「くちなし」「カロチン」「紅麹色素」などなど…、人体に無害なものもあるのだ。

 もちろんそれらが無害であるからとか、厚労省が認可しているから安全・安心などという保証はどこにも無いのである。

 平成12年1月の厚生省が調査した結果によると体重10kgの幼児が一日に摂取している食品添加物の平均量は12630mgで1年間で4609950mg(4.6kg)でなんと体重の半分の量の添加物を食べているのです。
ならば成人男子はというと……、 推して知るべしなのである。

 これらの添加物、「塵も積もれば山となる」の例えどおり、仮に一人が1日3g摂取したとして1年間で1kg以上も食べていることになるのだ。(食品添加物は食べ物ではないし、できれば使わないのが良いのだが…)

 われわれ店頭で食料品を手に取って真っ先に目にするところは、「賞味期限・消費期限の表示欄」なのだが、それだけではいけないのだ!

 「食料品」は我々が毎日口にしなければならないものであるからして、安全性が確認されていてもいなくても、短期間ではなく長いスパンで考えることと、加えてスーパーやコンビニの加工食品を購入する際には、容器包装に表示されている「食品添加物の欄」に必ず目をとおし、人体・健康にどのような影響を与えるかを考えながら買うという習慣を常日頃から持っておくことが大切である。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jacjon

Author:jacjon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

およよと驚く毎日
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
リンク