FC2ブログ

「あぁ~! 我が青春の1ページ」!!


 
「歳月人を待たず!」(時は人の都合など待ってくれない。)

 この諺は我が世代にとってはとても辛辣な響きを呈している言葉である。

 限りある人間の寿命からして、とくに齢を積み重ねてきた者にとっては無常な響きとなって心の中にこだましてくるのではないだろうか。

 我われロートル世代においては(といっても私個人のことであるが…、)「昔むかし…、」で始まる「古き良き時代」に心がどうしても回帰してしまう傾向が強いようである。(心理学では「良形視の作用」の働きといっている)

 小生もしかり、戦後の混乱がまだ尾を引いている昭和20年代前半に産声を上げた「団塊の世代」と呼ばれる人類の一人であり、今では遥か遠い向こう側に行ってしまった感さえ否めない世代の人間なのである。
 
 社会の荒波に揉まれ「企業戦士」として辣腕を奮い、日本の経済成長の一翼を担ってきたと自負されている御仁もかなりおられるのではないだろうか。

 また当時(昭和30年代後半~)の日本といえば、舶来文化の影響をまともに受けていた時代でもあった。

 芸能面を見てみると、海外では「グループサウンズ」が全盛を極めており、「ザ・ビートルズ」、「ローリングストーンズ」「ベンチャーズ」など、そして国内では少し遅れて「ブルーコメッツ」や「スパイダーズ」「ザ・タイガーズ」などなどエレキ文化の花が満開、踊りでは「ゴーゴー」や「モンキーダンス」などが流行りだしていて、正に「日本中が舶来文化のるつぼ」と化していたと言っても過言ではなかったのである。

 相まって若者たちの間では、エレキギターを始め、フォークギターやクラシックギターなどの楽器が大いに持て囃され、国内でも一大潮流を形成していった。

 では早速タイムマシーンに乗り昭和40年代前半にワープして、当時の空気に浸ってみよう。

 関東平野のとあるキャンパスに降り立った。団塊世代の若者たちがグループで集まって交流を楽しんでいるようだ。

 将来の夢や希望を語り合っているのだろうか。 さらに近づいて観察していると、若者たちの真剣な眼差しや情熱がひしひしと伝わってくるではないか。
 
 当時の趣味・娯楽は人それぞれ「十人十色」であったが、手軽さからか、多くの学生がギターを所有しており「ポップス・歌謡曲・フォーク」など、それぞれ得意なジャンルの曲を思い思いにコピーして楽しんでいた時代でもあった。
 
 小生も「ギター」という楽器には当初から憧れを抱いていて早く入手したかったのだが、「音色の良い楽器」は例外なく高額でとても手が出せなかったし、かといって価格相応のそれなりの音色しか出ない楽器には興味も関心も全くなかったのである。

 長らくアルバイトをしながらコツコツ貯めたお金でようやく納得の楽器を購入し、難解な旋律の曲に取り組み初めていった。

 学内には趣味を一にする仲間が数人いて交流を重ねていたのであるが、ある時「ギター演奏」のことが話題に上ったのである。

 議論が白熱しだして「技巧や奏法」へと話が盛り上がり、とうとう「それぞれの腕前の披露」へと話がエスカレートしてしまった。
 
 仲間の一人が「課題曲」を提示し、その曲を「誰が最も早くマスターし、上手に弾けるかやってみようではないか」ということで話がまとまったのである。

 何日かして再び一同が会し、いよいよ課題曲である「禁じられた遊び」の主題歌(愛のロマンス)を披露することと相成った。

 曲を奏でる「手は強張り、顔は引きつり」で演奏中は皆必死の形相で、内心穏やかならざるものがあったのであるが、それでもスター気取りで何とか弾き終わり、互いが心の中で、「俺の腕に敵う者は居るまい」と有頂天になっていたのである。

 小生は一歩距離を置いて、高い見地から眺めていたのだが、蓋を開けてみて「ビックリ」、 いや「案の定」とでも言おうか。

 腕前のほうはと言うと、どれも皆「団栗の背比べ」であった。

 演奏テクニックに「キラリと光る」「滲み出る個性」などというものは、誰一人持ち合わせていなかったのである。 

 結論は…? と言えば、 アッ ハッ ハ~!
 
 やはり所詮は 素人、「同じ穴の狢」、 「目糞、鼻糞を笑う」の類であったのだ。 

 血気盛んなあの時代にはもう二度と戻れないのだが、しかし思いを馳せることはいつでも可能なのである。

 誰にも必ずやってくる青春、しかし二度と戻ることの出来ない青春…、う~ん…、

 でもしかし、青春時代って「本当にいいものですねぇ…!」

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jacjon

Author:jacjon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

およよと驚く毎日
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
リンク