FC2ブログ

「目糞・鼻糞を笑う!」

guitar1.jpg
「歳月人を待たず」という一見、薄情そうな諺があるのだが、その所為かどうかは知
らないが、齢を重ねるごとにどうも懐古趣味に陥ってしまう傾向があるようだ。
 
戦後の混乱がまだ尾を引いていた昭和20年代前半に産声を上げた「団塊の世代」
と呼ばれている人類も、今ではとうに還暦を通り越してしまった。
 社会の荒波に揉まれ「企業戦士」として辣腕を奮い、大活躍してきたと自負されている輩も相当数おられたことであろう。
 さてそこで、タイムマシーンに乗ったつもりで昭和40年代の日本にワープしてみよう。
 とあるキャンパスに降り立った。そこには我々団塊世代の若かりし頃の学生生活が展開されているではないか。
 構内のあちらこちらから学生たちの和やかな談笑が聞こえてきた。
 当然のように、皆夫々に「夢あり・希望あり・趣味もあり」で、将来に向かってエネルギーが燃え盛っていたのである。
 
 当時は海外でも日本でも「グループサウンズ」が全盛を極め、「ゴーゴー」や「モンキーダンス」なる踊りが跳梁跋扈していた時代でもあった。
 エレキギターを始め、フォークやクラシックなどのアコーステックな楽器が大ブームを呼び、多くの若者に支持され
持て囃されていたのであるが、当時の学生たちは「ポピュラー・歌謡曲・フォーク」など、得意なジャンル
の曲を思い思いにコピーし、それぞれが自己流で楽しんでいたのである。
 ご多分に漏れず小生も「ギター」という楽器に憧れ、アルバイトをしながら貯めたお金で逸早く楽器を
購入し、難解な旋律の曲を苦労しながら習得し悦に入っていたものだ。

 学内には趣味や性格が一致した数人の学友がいて交流を重ねていたのであるが、ある時「ギター演
奏」のことが話題に上った。
 奏法や技巧へと話が盛り上がり、とうとう「それぞれの腕前の披露」へと話が発展していったのである。
 学友の一人が「課題曲」を提示し、その曲を「誰が最も早くマスターし、上手に弾けるかやってみようで
はないか」ということに話がまとまったのである。

 何日かして再び一同が会し、いよいよ課題曲である「禁じられた遊び」の腕前を披露することと相なっ
た。
 曲を奏でる「手は強張り、顔は引きつり」で演奏中は皆必死の形相で、内心穏やかならざるものがあっ
たのであるが、それでもスター気取りで何とか弾き終わり、互いが心の中で、「俺の腕に敵う者は居るま
い」と有頂天になっていたのである。

 小生はというと、一歩距離を置いて高い見地から眺めていたのだが、蓋を開けてみて「ガッカリ…!」、

 演奏テクニックに「キラリと光る!」個性などというものは誰一人持ち合わせていなかったのである。
 どれも皆「団栗の背比べ」であったのだ。 結論は…?と言えば、
 やはり所詮は素人、「同じ穴の狢」、「目糞、鼻糞を笑う」の類であった。

JONの呟き日記(楽天ブログ)より 転載 … … 一部加筆・修正あり
 



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jacjon

Author:jacjon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

およよと驚く毎日
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
リンク